オンリーワンのコンセプトを考える

デリヘルをはじめとした風俗業界は女性優位の売り手市場なのが一般的です。
女性の立場で考えると働くお店の選択肢は選り取り見取りで、選択肢はいくらでもあります。

しかし、視点を変えて一般の風俗店では採用が難しい女性(熟女やデブ、貧乳など)ばかりを採用することで、そういった女性が好きな男性にターゲットを絞った店舗ができるのです。

そのようなマニア向けの風俗店は店舗数自体が少ないので、風俗店やデリヘル店の噂や口コミ情報が広まりやすいので人気店となりやすいというメリットもあるため、求人だけでなく集客もコストを抑えることにつながります。

ただし、このようなマニア向けの店舗は東京のような大都市でないと成立するのは難しいジャンルといえるでしょう。
熟女店やデブ専門店などのマニア向け店舗を地方都市で営業する場合は、需要がどれぐらいあるのか?ビジネスとして成り立つのか?を都心の店舗以上に慎重にマーケティングリサーチを行う必要があるでしょう。

しかし、風俗におけるマーケティングリサーチを行うのは非常に難しいといえるでしょう。
なぜなら、街頭でアンケートを行うわけにもいかないですし、どれぐらいの需要があるのかを調査するのは並大抵の努力では難しいのです。

そのため、出たとこ勝負になってしまうことも多いのが現実です。
熟女ばかりを集め、プレイ料金を安く設定することで、お客さんが集まることを予想しても、必ずしも予想通りに進むとは限らないのです。